台湾のことを話そう

私の12年間の台湾のことを話そう。海外に住んだからこそわかる日本のいいところも語ろう。

台湾のことを話そう

2000年の7月。前年の秋に親父を亡くし、その半年後に親しくしていた異性の友人を亡くした私は、日本には何の未練もなくなってしまって、人生総取っ替えのつもりで台湾にやってきた。 親父が死んで母が「こんな不便な場所に住み続けたくない」と木更津の一戸建てを売ってしまったので、遺産相続という形でちょっとだけ金持ちになった。弟が母と一緒に住むために買ったマンションに少しの荷物を置かせてもらって、単身台湾にやって来た。

親父が死んだとき、仕事を続けられなくなってしまった。自分でも想定外だったけれど、とてもショックを受けたようだった。 だから、台湾に出発すると決めたときは、何のしらがみもなかった。

結局、2000年7月から2012年まで、28歳から41歳の丸12年間を台湾で過ごした。

台湾での生活はとっても楽しかった。 もちろん楽なことばかりではなかったけれど、「もっと女らしくしなさい」「お姉ちゃんでしょ」と言われて育った私には、台湾人の個人主義自由主義、「誰も私のことを気にしていない」という感覚が非常に心地よかった。

日本に全く未練がなかったのだけれど、台湾が好きで仕方なかったけれど、海外に住んだから日本のことを客観的に見ることができたし、日本のいいところもたくさん発見した。

ここでは、私の知る台湾のことをたくさん話そうと思う。

© 台湾のことを話そう