読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

運転が荒い台湾ドライバーとその笑い話

台湾のドライバーは運転が荒い。 前の車との間隔も狭いし、ウインカーを出さずに道を曲がる。 車の運転が荒いことによる笑い話もある。

小明搭一計程車,司機開得很快,經過信義路口時,遇到黃燈時,司機很快的衝過去。 小明大叫說:「剛是黃燈耶!好危險喔!」 司機說:「安啦!我哥哥他啊,闖了十幾年都沒事」 說著說著又到了仁愛路口,遇到了紅燈,司機又闖了過去。 小明:「實在是太可怕了!是紅燈耶!......」 司機回答說:「安啦!我也闖了十幾年也都沒事..」 到了忠孝X路口,碰到了綠燈,司機卻突然煞車。 小明:「咦?前面是綠燈為什麼停下來﹖」 司機:「等一下我哥哥會從那邊闖過來啦!」 小明:「@#$$%^&&*......」 (出典:闖紅燈的計程車司機

訳すとこんな感じ。

スポンサーリンク

明くんが乗ったタクシーの運転手はかなりのスピードで飛ばす人だった。信義路の交差点に通りかかったとき、信号は黄色だったがそのまま通り過ぎた。 明くん:「黄色だったよ!危ないなぁ!」(大声で) 運ちゃん:「心配すんな!俺の兄貴なんて何年も信号無視してるけどなんともないんだから」 話しているうちに仁愛路の十字路に。今度は赤信号だったがタクシーはまたそのまま通り過ぎた。 明くん:「怖いなぁ!いま赤だったよ!......」 運ちゃん:「心配すんな!俺だって何年も信号無視してるけどなんともないよ...」 忠孝X路の交差点ではちょうど青だった。が、運転手は急にブレーキをかけた。 明くん:「へ?青なのになんで停まるの?」 運ちゃん:「俺の兄貴が信号無視して飛び出してくるからだよ!」 明くん:「@#$$%^&&*......」

台湾人自身が笑い話にするくらいだから、それはもう本当に運転が荒い。 バスも然り。運転が荒いのは言わずもがな。バス停で手をあげて意思表示しないと、そのまま素通りされてしまう。 いまでこそ車内掲示板で「次は○○停留所」と表示されているが、台湾で暮らし始めた2000年当時はその案内すらなく、車内アナウンスがあるわけでもなく、通り過ぎるバス停に書かれている停留所名を目視して、あと何駅で降りるか自分で勘定しなければならなかった。 そんな感じだから、バスの路線図は必携。 乗り降りも素早く。じゃないと乱暴な運転の車内を、ふらふらしながら移動することになるし、降りきってないのに(ドアも閉まりきってないのに)発車したりするからだ。

スポンサーリンク

最初は戸惑ったけれど、慣れたら行動範囲が広がるので便利に使っていた。 日本に帰国してバスを利用したときに、手をあげなくてもバスが停まってくれるし、座るまで発車を待ってくれるし、降りるときは「停車してから席をお立ちください」と言ってくれるしで、日本人の親切さ具合に逆カルチャーショックを受けた。

台湾は車優位なので、歩行者優先に慣れた日本人が横断歩道を渡る様は、「歩行者がいるんだから停まるでしょ」と言わんばかりに、まさに車道に飛び出しているように見えてしまう。 台湾に限らず、歩行者用信号が青でもしっかり左右を確認してから渡るに限る。


闖紅燈 ㄔㄨㄤˇㄏㄨㄥˊㄉㄥ

信号無視。 闖:突っ切る 紅燈:赤信号

© 台湾のことを話そう