台湾のことを話そう

私の12年間の台湾のことを話そう。海外に住んだからこそわかる日本のいいところも語ろう。

台湾のビルはまっすぐ...じゃない

台湾の建物はちょっと安普請だ。 台湾も地震が多い。アルバイト先のオフィスが入ったビルは、ちょっと大きめの地震をきっかけに、隣のビルと少しだけ距離が縮まっていた。 その同じビルの下の階にダンス教室が入っていたのだが、一人で残業中、静かにしていると揺れを感じる。 今年2月に起きた台湾南部の地震で倒壊したマンションの壁に食用油缶が使用されていたのだが、氷山の一角なのかもしれない。

知り合いの美容師さんから聞いた話し。 店舗をリフォームしたときに、業者さんからドアの取り付けについて確認された。 「ドアなんだけどさ、建物に対して水平にしとく?地面に対して水平にしとく?」一拍おいて、「建物に対して水平にしておかないと、ドア開かなくなるんだけどさ」 「『じゃあそれで』っていうしかないじゃん」 そりゃそうだ(笑

結婚してしばらくして中古のマンションを買った。 リフォームするんで壁を壊したら、壁の中からレンガが見えた。間仕切りを新しく作るために土台になったのもレンガ。先にレンガを積んで、その後コンクリートで固める。

スポンサーリンク

リフォームが住んで入居してから、子ども達が遊んでいたビー玉をぶちまけた。ころころ転がらずにその場で静止していた様子をみて感心した。床が大地に対して水平になるようにちゃんと施工してくれていたのだ。 リフォーム前もリフォーム後も、しっかり大工仕事してくれていたことがわかった。 そのあと、下の階への水漏れが発生して、床の施工時に水道管を傷つけていたことが判明したのだが。 水漏れ箇所の特定が比較的スムーズに済んだのが幸いだった。

マンションの住人が、同じマンション内に別に部屋を買っていたりするところは、安心できる建物としての一つの目安になるかもしれない。 私たちが買ったマンションでは、上下階で買って息子夫婦に住まわせていた人もいたし、投資目的で買って賃貸で貸し出している人がいた。 新築のマンションを買った友人は、「施工企業の社長も買ってるって聞いたから、うちらも安心して買うって決められたのよ」と言っていた。

スポンサーリンク

 

紅磚 ㄏㄨㄥˊㄓㄨㄢ

レンガ(赤レンガ)

© 台湾のことを話そう