読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノンアルコールな台湾人

東京で一人暮らしをしていた元OLの私にとって台北は遊びにくい街だった。 まず、安く気軽に飲める店が少ない。居酒屋は日本人駐在員向けだからそれなりの価格帯だし。 台湾人は、いわゆる「飲みニケーション」という習慣がないのだ。

台湾で友人ができ始めた頃、夜の貓空に連れて行ってもらった。眺めの良いレストランでお茶を楽しむ。最初から最後までずっとお茶。お茶とおつまみとおしゃべり。 隣のテーブルでは、20代前半と思われる男女のグループがお茶を飲みながらトランプゲームに興じている。お茶屋さんでトランプゲームというのは定番らしい。壁には「禁止心臟病」の張り紙があった。「心臟病」って、日本でいうところの ブタのしっぽ に似たゲームのことで、つい大声で盛り上がってしまって、周りの客の迷惑になるので禁止しているのだろう。 「心臓病ってそもそも禁止できるの?」と思ったことをよく覚えている。

スポンサーリンク

ちなみに台湾の合コンは、日本とは全く異なる。 私が聞いた話では、開催は平日夜ではなく休日の昼間。同年代の男女が集まって、まず最初にすることは、女子にスクーターの鍵を選ばせること。スクーターの鍵と男子が紐づいていて、鍵を選ばせることで男女のマッチングが行われるという具合だ。その日1日、その組み合わせでスクーターに二人乗りして移動する。

医食同源が当たり前の台湾では、酒を飲まない人が多い。酒も飲むしタバコも吸う私は「やっぱり日本の女性って開放的ね」的な目で見られることが多かった。ちょうど日本人が欧米人をみて「開放的な人種」と感じるように。とってもステレオタイプな見方なんだけれども。

スポンサーリンク

台湾で一番の行楽はやっぱり外歩きだ。自然の中をあちこち歩くのが一番楽しい。 郊外へいかなくても、中正記念公園(いまは自由広場の名前が定着しているのかな?)も意外と楽しめる。敷地が広いので、都会のど真ん中にいるのに、公園内に入ると街の喧騒がすっぽり聞こえなくなる場所だ。 植物園や青年公園でぶらぶら歩くのもいい。野生のリスがあちこちに出没する。野生なんだけど、人間がつい餌をやってしまうからそこそこ肥えている。

貓空と言えば、ロープウェイが通って随分便利になった。夜の貓空で夜景を楽しみながらのお茶もいいが、私のオススメは夕暮れの時間帯に下りのロープウェイに乗ること。 貓空ロープウェイは、途中けっこうなアップダウンがあって山の景色を見るのも楽しい。終点の木柵駅に到着する直前にも一山超える。静かで薄暗い中、ゴンドラが下り始めたと同時に、前方に台北を見渡す夜景が広がる瞬間が圧巻。 ときどき定期検査で長期間運休になるので、事前にチェックしておいた方が無難です。

スポンサーリンク

 

聯誼 ㄌㄧㄢˊㄧˊ

合コン

© 台湾のことを話そう