読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

間違い電話と台湾語とオレオレ詐欺

携帯に着信があり、出ると全然知らない人の名前で呼びかけられる。間違い電話だ。 呼びかけられるだけならまだしも、「あ、おばちゃん〜?」と全然知らない幼女から話しかけられたときは、「間違い電話よ」と言うのに少し心が痛んだ。 お母さんとかお婆ちゃんとかに「自分でかけてごらん」と番号を読み上げてもらってかけたんだろうな。せっかくかけたのに、変な外人の女がでて「間違いよっ!」て言われちゃって凹んでないかな、とか想像したから。考えすぎなんだけど。

台湾でもオレオレ詐欺はある。 日本の流行り始めを知らないんだけれど、たぶん日本の手法を模倣したんだと思う。 台湾の場合は、相手がかならず台湾語なのが特徴かな。 台湾の公用語は中国語(普通語/北京語)だ。 台湾独自の方言を「台語」と言う。いわゆる台湾語だ。閩南語とも言う。 それに対する公用語の呼び方は「國語」。

仕事の場では一般的に國語を使う。親しい取引先や同業者には台語でやりとりしたりする。 以前友人に「なぜわざわざ台語で話すの?」と聞いたら、「その方が距離が近く感じてもらえるから」と言っていた。 同じ台湾人同士、という結束感を演出できるということなのだろう。 台湾には內省人と外省人とがいる。日常会話で台語を使用するのが內省人、主に國語を話すのが外省人。 內省人と外省人の話は、また別の機会に改めて。

スポンサーリンク リロバケーションズ

携帯に出ると台語でいきなり話し出される。 私は簡単な台語しかわからないので、電話の相手が何を言っているのか全く理解できない。私の素性を知っている人からの電話なら台語を話し続けることはありえないので、相手の目的が「私」と話すことじゃないことだけは確かだ。それが偶然なら間違い電話だし、故意なら詐欺電話。 「かけ間違いですよ」と國語でいうと、大抵は「すまん!すまん!」と言って切れる。構わず話し続ける人もいるんだけど、それが詐欺電話だと思う。もしくは相当な天然さんか。台語だから真相はわからないんだけれど。

台語での間違い(または詐欺)電話はだいたいはおっさんの声だけど、子どもの声で台語で切々と何かを訴える電話がかかってきたことがあった。 半べその声で切々を事情を話しているのだ。どこかを怪我したか、迷子になったか、金を落としたかしたことを切々と。台湾語だから全然わかんないんだけど。 例によって「間違ってるよ」と言う。普通なら「え?○○おばあちゃんじゃないの?」とかなんとか確認するセリフを言われてもいい場面なんだけど、前触れもなくプッと切られる。これは確信を持って100%詐欺だね。

スポンサーリンク

田舎に住んでるばあさんとかをターゲットにしてるんだろうな。台湾人は親切でお節介だから。 「子どもの声で」というところが、違う意味で切なくなる。児童を犯罪に加担させているのだろうか。幼女の声を出せる大人がやったのだと思いたいけれど。

台湾と日本の違うところは、親子関係が近いところ。「さっきこんな電話かかってきたけど、あんたがかけたの?」と本人に確認の電話を入れる確率が日本よりもずっと高い。 大した用でもないのにじゃんじゃんかけてくるお母さん v.s. 「うざい」と言いながら、でも毎回ちゃんと居留守しないで出る息子 が台湾には溢れてる。 成功率はきっと日本よりも低かったんじゃないかな。

スポンサーリンク

 

你打錯了 ㄋㄧˇㄉㄚˇㄘㄨㄛˋㄌㄜ˙

「かけ間違いですよ」

© 台湾のことを話そう