台湾のことを話そう

私の12年間の台湾のことを話そう。海外に住んだからこそわかる日本のいいところも語ろう。

SARSのとき03〜英霊として忠烈祠に

SARSは特にこれといった決定打もなく、人から人への感染の封じ込めに成功したことで収束した。最後の感染者はどうしたのだろう。助かったと記憶しているが定かではない。

SARSが流行した頃に、小説の一編を思い出した。 星新一ショートショートだと思っていたが、いま調べて見たら新井素子の「週に一度のお食事を」だった。 以下、あらすじ。

いつのまにか吸血鬼が出現した日本。吸血鬼になっても夜型生活になって鏡に映らないくらいのデメリットしかなく、老化も止まるし食事は週一回程度の吸血でOKというメリットが上回り志願者が続出。世界的にも認知され、アメリカやその他一部の海外渡航が認められない以外は、何の制約も不自由もない生活が約束される。 吸血鬼が出現して1年、ユーラシア大陸北アメリカ大陸以外の世界中に分布し、吸血鬼同士の吸血事故が多発するようになる。 もし吸血鬼がいなくなったら、その土地がぽっかり空いて人口増加問題も食料不足問題も一気に解消だ。そして、吸血鬼は銀の弾丸で撃たれたらチリとなって消えてしまう...

SF小説の話。だから現実にはならない。わかっているけれど、ついSARSと重ねてしまった。

スポンサーリンク

台湾人医師が日本旅行から帰国後に発症したというニュースもあった。 いよいよ日本でも流行か!?と騒がれたが、ありがたいことに日本人の感染者は1人も出なかった。 日本人と韓国人は感染者が出ないということで、日本人の手洗い・うがいの習慣がいいのでは?と言われたり、キムチが効いているのだと話題になったりした。

SARSの治療にあたって命を落とした医師・看護師の方々は、英霊として台北の忠烈祠に祀られている。 忠烈祠の衛兵交代は、大門から大殿までの距離を整列したまま移動するさまが圧巻で一見の価値ありだ。 訪問される際は、祀られている方々やSARSのことにも想いを馳せてもらえればと思う。

スポンサーリンク

 

韓國泡菜 ㄏㄢˊㄍㄨㄛˊㄆㄠˋㄘㄞˋ

キムチ。

© 台湾のことを話そう